【年末調整】マックPC、エルタックスで源泉徴収票をつくれるのか?

macでエルタックスが使える!?と思い年末調整にチャレンジ。だがことごとくエラー。結局年末調整はmacではできなかった。

我が家は自営業(法人)で年末調整を自分でしている。

年末が近づくと書類が送られてくるのだが、毎回必ず

「e-Taxが便利です!」

という文言の紙が1枚ピラリと入っている。

ざっくりいうと

e-Taxというソフトを使って「書類の提出をデータ送信にしませんか」というもの。

でもこういった役所関係のソフトはWindows向けにつくられていて

macでは使えない

というのが一般的。

今回もスルーしようと思ったら紙の裏に

給与・公的年金等の支払報告書および源泉徴収票の作成・提出は

eLTAX(エルタックス)が便利です!!

と書いてあった。

エルタックスって何

ひとまずエルタックスのホームページに飛んでみた。

エルタックスを使うには、PCdeskというソフトが必要。

エルタックスの詳細は不明。

エルタックスとイータックスと何が違う

そんな細かいことは置いておくことに。

エルタックスはとにかく支払報告書と源泉徴収票が

PCから提出できる優れもののようだ。

そしてどうやらエルタックスを利用するには、

PCdeskというソフトを導入すればいいということが分かった。

でもどうせmacは使えないのだろう。

ダメもとでパソコン環境を確認してみる。

エルタックスのパソコン環境にmac!

PCdesk(web版)の動作環境

eLTAXをご利用になるには、インターネットに接続できるパソコン環境と、WebブラウザとしてInternet Explorer、Edge、safariのいずれかが必要です。

推奨するパソコン環境は次のとおりです。

Windowsのパソコン環境の説明に続き、

出てきたのが↓

MacOSハードウェア

項目要件
CPU1GHz以上
メモリ2GB以上
ハードディスクドライブ(HDD)1GB以上の空き領域
解像度1,024×768以上
画面表示色65,536色以上

ソフトウェア

種別製品名
オペレーティングシステム(OS)メジャーバージョンは問わず、以下のとおり、最新3つのマイナーバージョンのOSを推奨しています。Mac OS11.0Mac OS11.1Mac OS11.2
WebブラウザSafariの最新バージョン

※電子証明書を使用して署名するためにプラグインをパソコンにインストールする必要があります。詳しくは「ガイド編_PCdesk(WEB版)(1.1.2 署名⽤のプラグインをインストールする)」を参照してください。

※MacOSを利用される場合は、利用可能な証明書が限られます。詳細は「こちら」をご確認ください。

な、なんとmacでもエルタックスが使えるようだ!

こ、これは革命!

手書きで書類を書き、

支払報告書を市役所へ、源泉徴収票を税務署へ…

なんて面倒なこともしなくていい。

パソコンから一気に送信すればOK!

だなんてラクラクすぎる!

【エルタックスが複雑】PCdesk にはweb版とダウンロード版がある

macが使えるワーイ

と喜んだのもつかの間、

エルタックスのシステムを利用するためのソフト

PCdeskがいまいちよく分からない。

どうやらweb版とダウンロード版があるらしいのだ。

PCdesk のweb版でできること。ダウンロード版でできること。違いは?

複雑なエルタックス。

システムを理解するのに時間がかかる。

エルタックスを利用するために導入するソフト「PCdesk

PCdesk のweb版とダウンロード版どう違うの?

結局、どっちを利用すればよいの?

ここがまず分からない。

以下3つの違いについて、できることできないことが表にまとめられていた。

①DL版=ダウンロード版

②WEB版

③SP版=スマートフォン版

利用できる内容DL版WEB版SP版
利用者情報の手続き
利用届出(新規)の手続きeLTAXの利用を開始する手続きを行います。××
利用届出廃止の手続きeLTAXの利用を廃止する手続きを行います。×
利用者情報に関する手続き利用者情報の照会・変更の手続きを行います。××
マイナンバーカードログイン利用申請・取りやめマイナンバーカードによるログインの利用申請・取りやめを行います。×
申告の手続き
申告に関する手続き申告データ等の作成・署名・送信等を行います。××
処分通知等に関する手続き地方公共団体から送付された処分通知(特別徴収税額通知)を確認します。××
申請・届出の手続き
申請・届出に関する手続き法人/個人を対象とした申請・届出書の作成・照会・送信等を行います。××
納税の手続き
納税に関する手続き口座情報の管理、納付情報の発行依頼や納付を行います。×
代理行為の手続き
申告に関する手続き税理士等が納税者の代理として申告の手続きを行う場合、納税者の利用者情報ファイルの授受若しくは代理行為の承認依頼及び承認を行います。××
申請・届出に関する手続き税理士等が納税者の代理として申請・届出の手続きを行う場合、代理行為の承認依頼及び承認を行います。××
納税に関する手続き税理士等が納税者の代理として納税の手続きを行う場合、代理行為の承認依頼及び承認を行います。×
その他
メッセージ照会受付通知等のメッセージを確認します。

私が利用したいのは、

支払報告書や源泉徴収票の作成と提出。

ということは申告の手続きになるのか?

申告に関する手続きにはPCDeskのダウンロード版が必須

とのこと。

さらに説明を読み進める。

ん?これはなんだ?

申請の手続き!?

申請の手続き…申請・届出に関する手続き法人/個人を対象とした申請・届出書の作成・照会・送信等を行います。

申告と申請の違いって何!?

そして

申請の手続きにはPCDeskの版が必須

とのこと。

難しい文章にすっかり脳を使い果たしたのか

おバカな私はアタマが混乱。

今落ちついて考えれば当たり前なのだが、

支払報告書や源泉徴収票の作成や提出は「申告」であり、

PCDeskのダウンロード版が必須なのだ。

しかしエルタックス導入に軽くテンションが上がっていた私は

深く考えずに先へと進んだ。

まずはPCDeskのweb版を導入することに成功!

なんだか分からないけどひとまず

PCDeskのweb版を利用する

というボタンをクリック。

するとログイン画面に。

利用届出(新規)

をクリックし、言われるがままに進む。

そこからは自分の会社情報を入れる画面が続いた。

最後までひたすら入力事項をこなし登録申請終了。

おおこれでエルタックスとやらを利用できるのね、

とまだ間違いに気づいていない私であった。

やはりMacは使えない?PCDeskのダウンロード版はエラー表示!

とりあえずPCDeskのweb版は使えるようになり、

早速申告書類の作成してみよう!

とPCDeskのweb版にログイン。

しかし源泉徴収票や給与支払い報告書などといったワードは

一切見あたらず…。

PCDeskのweb版は違うのか、じゃあPCDeskのダウンロード版なのね。

駄目なら次!

と、ダウンロード版を利用するというボタンをクリック。

すると

「この端末ではダウンロードできません」

的なエラー通知が…。

推奨OSのバージョンが古い?

推奨ブラウザ「サファリ」のバージョンが古い?

環境条件をくまなくチェックしてみた。

「macでエルタックスが使えるんだ!」

という思い込みがアホなほど続く私。

パソコンを再起動してみたり、説明を読み直したり。

さんざん時間を費やしたが解決せず、

結局問い合わせすることに。

【結論】エルタックス「PCDesk」のダウンロード版はmacに対応していない

エルタックスのホームページで「よくある質問」コーナーをチェック。

マックユーザーの誰か1人位は私と同じく困ってるでしょ、問い合わせてるっしょ?

と思ったが見あたらない。

これ「あるある」の質問じゃないの!?

力尽きた私は、エルタックスのヘルプデスクへ電話。

お役所関係だし電話つながらなさそう

と思ったら即オペレーターへつながった。

「源泉徴収票や給与支払い報告書を作成したいのですが、マックって対応してますか?」

と聞くと、

「申し訳ございません。PCDeskのダウンロード版はマックに対応しておりません。」

と本当に申し訳なさそうにシンプルな返事が・・・・・・。

結局macのPCでは、

エルタックス(eLTAX)を使って支払報告書と源泉徴収票を作成できない

のだ。

最初から問い合わせればよかった(涙)

最初からMacでは年末調整できませんとひと言書いてほしかった〜。

いや、何よりも「Macで年末調整全般の申告ができる!」

と突き進んだ私の思い込み、最強すぎる…。

お役所関係システムを使うなら結局Windows。

結局お役所関係のシステムにmacはまだまだ対応しきれていない。

いまだエルタックスの全貌を理解していないのだが、

PCDeskのweb版はMacに対応している。

そしてこのweb版でできることといえば

「開業届け」といった申請手続きなどのようだ。

今年もMacユーザーの年末調整は地道に手作業である。

おすすめの記事