2020
03.19

休校中の子供におすすめのゲーム「ラミィキューブ」

未分類

これがあれば何時間もつぶせる。大人も病みつきになるボードゲーム。


最近我が家がハマりにハマっているのが「ラミィキューブ」というゲーム。
面白すぎて、睡眠時間を削ってでも「あと1回やろう!」とエンドレスになってしまう。

我が家に来た人、子供はもちろん大人も皆ハマっていく。
なんでハマるのか考えてみた。

ルールが簡単
難しいルールは一つもない。
1回やれば子供もすぐに理解できる。
子供も大人も楽しめる単純明快さ。

爽快感
ざっくりいうと、自分の持ち駒を減らしていくゲーム。
自分の駒と目の前に出ている駒、それをどう生かして組み合わせるかを
瞬時に考え、駒を利用してさばいていく。
上手く駒をまわせた時の「爽快感」が最高!

中毒性が高い
後悔と可能性が後を引く。
ゲームなので一位、二位といった勝ち負けはもちろんある。
ただやっている間は相手との戦いというより、ひたすら自分との戦い。
どう出せばいいんだ。
あの組み合わせでいけるか?いやいけない!
まさに頭脳戦である。
で結果負けると「ああすればできたかも!」と悔やみつつ、
「今度こそ」と自分の可能性に期待してしまうのだ。
よって「もう1回やりたい」と中毒性が高い。

2人から4人までゲーム可能。
1ゲームが20分くらいかかるので、あっという間に時間が過ぎていく。
まさにコロナ対策で休校中の今、暇な子供達にぴったり。
やりすぎると目に良くないテレビゲームをやめさせる方法として有効だと思う。
ラミィキューブはとにかく頭を使う。
この健全なボートゲームをぜひ子供達におすすめしたい。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。