2019
01.29

シンクの生ゴミ問題を解決

キッチン, シックな名品, 便利

料理中にでたごみ、食べ終わった後にでるごみ。

つまりキッチンで出た生ゴミの扱いにずっと悩まされてきた。

なんかスッキリ快適とはいかなかったのだ。
なんかいい手はないか?
と疑問を抱いたまま10年以上。

そんな悩みがあっけなく解決。

なぜならこれを手に入れたから↓

tower ポリ袋エコホルダー タワー

極力物を増やしたくないから買うのを躊躇していたんだけど
これは買って正解!

今までは料理中にでる生ゴミは
スーパーでもらえる小さなごみ袋に捨てていた。

問題はその袋の置き場で、キッチン台の上にあると衛生的でない。

のでだいたいシンクの片隅におき、
ご飯が終わったらその小袋を
キッチンに設置している大きなごみ箱に移すというシステムだった。

問題点はシンクの片隅だともちろん濡れるのでなんか見た目によろしくない。
そして追加でごみを入れる時にはビニールが「べちゃ」ってよこたわっているから
わざわざまた手で広げて入り口を作らなければならない。
広げるといっても限界があって、狭い隙間にゴミを入れるから
ビニール自体もベタベタと汚れる。

そして手が汚れる(濡れる)

手を洗わなければならない。

我が家にやってきたニューカマーにより、この煩わしい工程から解放された!

何がいいって
①自立する!
袋を4隅にかけて引っ掛けて使う。
口が大きくて開いているのでいつでもゴミをさっと捨てられる。
ビニールが濡れたり手を汚すこともない。

②シックなデザイン。
無駄のないデザインなのでキッチン台にあっても許せる。
使わないときは畳める。(結局使わないときはない。でも袋なしで待機状態でもスッキリと見た目良し)

③こんな使い方も

スペアリブを漬け込む時も重宝!
密封袋の外側にタレがこぼれて「あーあ」ってこともありません。

ちなみにスーパーの荷詰めする台に置いてある、濡れ防止のビニール袋、
これがギリギリ引っかかるってサイズです。

あーあもっと早く出会いたかった。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。